会社を辞めて、ヨーロッパを周ってきた。(43日目 バルセロナ カンプノウ・ツアー)

今日は一日バルセロナを観光することに。

必ずやりたいことは2つ。FCバルセロナの本拠地「カンプノウ」に行くこと。デジカメのメモリーカードを購入すること。

 


より大きな地図で バルセロナ観光 を表示

 

朝、早く起きて、バルセロナサンツ駅で明日の切符の予約をする。地下鉄で行くのだが、日本に比べても負けないくらい綺麗な構内。

 

 

 

バルセロナサンツ駅の窓口は分かりにくいが2つあり、電話予約の受け取り口と通常の窓口(通常の窓口も長距離、短距離でわかれている)。最初、電話予約の方に並んでいたので、通常の窓口に行く。40人前後人がいて、35分ぐらい時間をとられる。駅員の方がとても親切で、わざわざプラットフォーム番号まで書いていただいた。

 

カンプノウ」にはバルセロナサンツ駅から地下鉄に乗り、歩く。同じような人が複数いたのでしっれーとついて行く。

f:id:albatrus:20100811131114j:plain

住宅街の中に「カンプノウ」はあり、チケットセンターはすでに多くの人が並んでいた。スタジアムツアーは22€。

f:id:albatrus:20100811112711j:plain

 

f:id:albatrus:20100811113336j:plain

 

博物館が併設されていて、まずはそちらに行く。バルセロナとなるとトロフィーの数もとても多い。中の設備がとても近外敵で驚く。

 

f:id:albatrus:20100811113637j:plain

f:id:albatrus:20100811113944j:plain

スタジアムはバルサカラーの想像通りの建物。放送室も見れた。ロッカーは見れなかった。

 

f:id:albatrus:20100811123342j:plain

f:id:albatrus:20100811115717j:plain

f:id:albatrus:20100811114919j:plain

 

スタジアムを後にして、ショッピングモールにある「Media Market」に行く。地下鉄でかなり遠くまで来た。日本のモールとほぼ同じ。フードコートでたこ焼きやうどんを出す店がある。

 

f:id:albatrus:20110811142449j:plain

f:id:albatrus:20110811141517j:plain

残り時間がバルセロナ観光。

 

f:id:albatrus:20100811152839j:plain

f:id:albatrus:20100811160224j:plain

グエル公園での景色が綺麗。ただ人が多すぎるので少し残念。ガウディのセンスは一枚飛んでいるな。

f:id:albatrus:20100811164355j:plain

f:id:albatrus:20100811165906j:plain

f:id:albatrus:20100811173042j:plain

f:id:albatrus:20100811174323j:plain

会社を辞めて、ヨーロッパを周ってきた。(42日目 バルセロナ)

この日はモンペリエからバルセロナへ。イベリア半島スペインに向かいます。

予定していた列車の予約ができなかったので、この日はゆっくりした旅程です。

 

この日の朝に部屋の鍵が抜けなくなるハプニング。ホテルの人にきてもらい開けてもらう。ドラクエの鍵なのだが、使い方がよくわからなkった。壁が非常に薄く、夜隣の部屋のドライヤーの音や水の音で何回も起きる。耳栓が欲しかった。

f:id:albatrus:20100810092012j:plain

f:id:albatrus:20100810102155j:plain

f:id:albatrus:20100810104041j:plain

 

この日のモンペリエではサッカーフランス代表の親善試合がるということで、モンペリエ駅も銃を持った軍らしき人が大勢いた。

 

モンペリエからスペイン「フィゲラス」までTGVに乗り、そこからバルセロナまで乗り継いでいく。パリからTGVバルセロナにいく路線は今工事中とのことで、これが完成すれば楽に移動ができそうだ。

 

モンペリエからの風景は行ったことないが、アメリカテキサスのようなガンマンがいそうな西部のような雰囲気。赤い屋根、白い壁、見るからに乾燥していそうな土。

 

「フィゲラス」からのバルセロナまでの連絡列車は2等車のみだが、テレビで今どのあたりを進んでいるかがわかる表示あり。シンプルだが非常に良い。

 

 

 

バルセロナ「サンツ」駅に到着。地下の駅。降りる際に切符が必要なのが、日本のようだ。

改札口も長距離と近郊列車でわかれていて、長距離の改札口では、空港のように手荷物検査があるのに驚いた。

f:id:albatrus:20110810144240j:plain

f:id:albatrus:20110810144851j:plain

とりあえず時間はないのだが、「サクラダファミリア」に行く。

地下鉄はとても綺麗。

f:id:albatrus:20100810154123j:plain

f:id:albatrus:20100810154422j:plain

f:id:albatrus:20100810155817j:plain

サクラダファミリア」は確かにデカイのだが、あまりにも近いのでピンとこない。全体像を把握できないからかな。

思ったよりも感動がなかった。

 

会社を辞めて、ヨーロッパを周ってきた。(41日目 地中海移動ジェノア、ニース、モンペリエ)

ジェノバの朝はいい天気。日差しがとてもきついが風が涼しいので寒いくらい。ローマのような蒸しかえる暑さではない。

本日は「ジェノバ−>ニース−>モンペリエ」と移動日、ついにフランスに入ります。 

 

 


より大きな地図で 移動日 を表示

 

 

ジェノバの朝。

f:id:albatrus:20100809082117j:plain

f:id:albatrus:20100809083945j:plain

まずは、イタリア、フランスとの国境のまち、「ヴェンティミリア」に向かいます。

 

機能は見えなかったが、本当に海が綺麗。地中海は美しい。海水浴に来ている人がで溢れかえっている。この辺り、大きい街はないのですが、砂漠地域の建物のような白壁が印象的。

 

f:id:albatrus:20110809122639j:plain

「ヴェンティミリア」からはニースまでローカル列車に乗ります。2階建て。

途中のモナコはトンネルの駅なので、美しい街並みは見ることができず。ただ、クルーズ船、フェリーなどがみえたのでなんとなく雰囲気は感じられる。

 

f:id:albatrus:20110809095137j:plain

ニースでの乗り換えが、今回の旅行の工程の中でも不安な部分で、指定席が取れるかどうか。観光シーズンなのでどうなのか。

不安は不安で終わることが多い。簡単にニース駅窓口で切符が買えた。

f:id:albatrus:20100809124823j:plain

f:id:albatrus:20100809131134j:plain

f:id:albatrus:20100809131515j:plain

 

フランスTGVではなく、特別な特急電車(Teoz)。6人掛けの席なので、他の人の視線がとても気になる。

 

f:id:albatrus:20100809131844j:plain

フランスでは他の国と違って、事前に切符をバリデーションしなくてはいけない。指定席チケットを改札の黄色のボックスに通してスタンプみたいなものを押してもらう。このあたりの慣習が欧州各国違うので注意。

フランスの駅構内、電車の中ではあるアナウンス効果音がよく流れるので、すっかり耳の残ってしまった。

 

youtubeにありました。この冒頭だけですが、凄く流れます。

 

 

こんな感じです。

会社を辞めて、ヨーロッパを周ってきた。(40日目 ピサの斜塔)

本日はピサの斜塔で有名なピサに行ってきました。

 


より大きな地図で ピサ を表示

 

ピサの駅に到着する前に雨が降ってきたので、運がないな、と思っていたが、いざピサに着くと雨は降っていなかった。

 

事前に色々調べたところ、ピサの斜塔に登るのには制限があり、その予約をしないといけないとのこと。さっそくチケットセンターに行くが、人で一杯。3時間待ちだった。

f:id:albatrus:20100808101548j:plain

f:id:albatrus:20100808125342j:plain

f:id:albatrus:20100808102246j:plain

 

それまでの間、時間を潰すのがとても大変。

海が近いのか風が涼しくて気持ちいい。

 

ピサの斜塔には荷物を持ち込めないので、事前に専用のロッカーに預ける。私のバックパックは大きすぎたので、別の場所におかしてもらうことに。

階段がピサの斜塔の傾きに合わせて削れているのが面白い。

f:id:albatrus:20100808131952j:plain

f:id:albatrus:20100808132208j:plain

f:id:albatrus:20100808133334j:plain

f:id:albatrus:20100808133441j:plain

f:id:albatrus:20100808133715j:plain

外に出ると凄く傾きを感じやすい。写真ではこのななめに向いているのを表現するのが難しい。

外の景色は素晴らしい。

f:id:albatrus:20100808134113j:plain

f:id:albatrus:20100808133454j:plain

f:id:albatrus:20100808134015j:plain

海風がとても強く、高所恐怖症の私にとってはとても大変だった。

 

 

ピサを後にして、ジェノアへ向かう。地中海沿いを走る鉄道だが、私は山側でしかも窓に水滴が常についていて景色を堪能することができなかった。

f:id:albatrus:20110808170812j:plain

 

会社を辞めて、ヨーロッパを周ってきた。(39日目 フィレンツェ)

本日は「フィレンツェ」の観光を楽しみました。

ローマの駅には出発と到着を表すカラカラと文字が変わる掲示板がかっこよかった。

f:id:albatrus:20110807094137j:plain

f:id:albatrus:20110807114727j:plain

今日も一等車に乗ったのですが、これまでの2階と違う車両みたいで席がやけに豪華だった。

 

 

 

 


より大きな地図で フィレンツェ を表示

 

フィレンツェの駅に到着し、まずはホテルに向かう。でもなかなか見つからない。Googleマップもそんなにアテにならないな。このホテルもビルの一室にあるので、玄関の表札を探してようやく見つける。フィレンツェでは観光客に宿泊税を一人2EURO取っているみたいでこれを支払う。

 

フィレンツェは凄い観光客でごった返していました。ミケランジェロ広場から見る街並みがとても綺麗でした。

f:id:albatrus:20100807121039j:plain

f:id:albatrus:20100807141940j:plain

f:id:albatrus:20100807151245j:plain

f:id:albatrus:20100807142803j:plain

f:id:albatrus:20100807140339j:plain

 

会社を辞めて、ヨーロッパを周ってきた。(38日目 ローマ)

本日は一日ローマ観光。

ローマは見るべきところがたくさんあるので、とても一日では周り切れませんが一生懸命歩いて来ました。

 


より大きな地図で ローマ市内 を表示

 

まじは昨日行けなかったバチカンサン・ピエトロ寺院」に行きます。

朝早いのに宝物館には既に長蛇の列が出来ていました。簡単な手荷物検査を受けて中に入る。

f:id:albatrus:20100806084400j:plain

f:id:albatrus:20100806084543j:plain

 

カトリック教の総本山。中も凄いが、取り巻きの黒服の人がたくさんいてものものしかった。特に天井の絵がとても雄大。

f:id:albatrus:20100806084857j:plain

f:id:albatrus:20100806085137j:plain

f:id:albatrus:20100806085404j:plain

f:id:albatrus:20100806085806j:plain

f:id:albatrus:20100806090509j:plain

次にパルテノン神殿に向かう。街自体に重みと歴史を感じる。

f:id:albatrus:20100806093415j:plain

f:id:albatrus:20100806102240j:plain

 

 

パルテノン神殿では、イタリア軍のコンサートみたいなことをしていた。

f:id:albatrus:20100806095043j:plain

 

 

次にトレビの泉。局地的に人が多い。盗難を警戒してか警察官も多い。

f:id:albatrus:20100806100426j:plain

f:id:albatrus:20100806100543j:plain

 

ヴェネチア広場のサンタマリア聖堂。

f:id:albatrus:20100806103902j:plain

フェノローマのチケットを買うのに結構並ぶ。コロッセオと両方行ける共通チケットなのでコロッセオも行きたい人に撮ってはとても便利。

f:id:albatrus:20100806105410j:plain

 

f:id:albatrus:20100806112511j:plain

 

f:id:albatrus:20100806121126j:plain

 

コロッセロは実際に見ても素晴らしかった。こんなのが大昔に建てられたとはにわかに信じがたい。今は岩しか残っていないが、当時はどんな建造物だったのか。

f:id:albatrus:20100806125752j:plain

f:id:albatrus:20100806130430j:plain

f:id:albatrus:20100806130656j:plain

f:id:albatrus:20100806131304j:plain